2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

2018年2月16日 (金)

行くぜ!冬の東北! ~薬研温泉「民宿あすなろ」~

◇2月10日(土) Part2◇

寒立馬を堪能して、アタカ放牧地を後にして宿へ向かう。


途中には厳重警備な使用済み核燃料処理施設があった。
福島の原発もそうだけど、嫌がる物を地方に押し付けているようで微妙な気分になる。
そう言えば、ずっと昔、原子力船「むつ」という嫌われ物の船があったが、このむつ市が母港だったんだなぁ。

閑話休題

さて、今日の宿は薬研温泉にある「民宿あすなろ」です。
楽天トラベルでは、ほとんど予約が入っておらず、これまた別の意味の地雷臭プンプンの宿ですw

でも、こういう宿好きです。

到着すると、宿の外観はお世辞にも綺麗とは言えないが、良い雰囲気。

Dsc09202


Dsc09203


Dsc09206

室内も古いけど全然問題無しで拍子抜け。

ただ部屋から一歩出ると館内暖房ではないので猛烈に寒いですw


Img_4171


Img_4179

とりあえず、一息ついてから宿周辺を散歩するが、人の気配ナッシング。


3c313ae742844f0d94dff01a7f785862


9c162f240fae40ba99f26d177156222b


72f970a1dfdb414c9ad274a8c0cad9ad


73e839abd89f4eaa8c0de3b3edc03854


872852d40de5459b8ae48d47d1b1c996


Dsc09185


Img_4104_2

宿の主人の話では今晩、なにやら若者のイベントがあるらしい、巨大かまくらへ入ってみるがなんとも怪しいw

Dsc09192


Dsc09193


Dsc09194


Dsc09195


Dsc09197


Dsc09198


お香の香りがして、なんだかいけないパーティーが始まりそうな雰囲気でしたwww

そんな訳で早々に宿に戻り風呂に入る。

Img_4177


Img_4178


Img_4108


Img_4174


風呂は24時間源泉かけ流し、湯船は小さいけど空いているので気持ち良い。
かまくらのイベントの若者も入っていたけど、すぐに「ど~ぞ、ど~ぞ」と場所を譲ってくれました。
いけないパーティーなんか想像してスンマセン m(_ _)m

風呂上りに食堂というか玄関で一服していたら屋外でニャーニャーと猫の鳴き声。
これは確かめねばなるまい。

Img_4129


Img_4131


Img_4134


Img_4132


Img_4140


Img_4139


扉を少し開けると狸みたにモフモフの猫がいる!

こりゃ、めちゃ可愛い!
母屋に入りたそうだが、入ってこない。

後から主人の聞いたらこの猫は、真冬でも外飼いだそうだ。

ただ、居る場所は温泉の配管がある場所らしく、寒い玄関とか館内にいるより快適なんだそうだ。
普段はそこに居て、食事(魚)の匂いがすると玄関前で鳴きまくるらしいw

そして、晩飯。

今回は青森名物の貝焼き(貝の上で魚介類を焼く?煮る?)、煮魚などの基本メニューに「せんべい汁」と「鮭とイカのチャンチャン焼き」をそれぞれ2人前付けました。


Img_4152

Img_4147

しかし、とても2人前と思えない量。

これはきっと行きがけに宿へのお土産として買った、ウマイ!ウマ過ぎるの埼玉銘菓「十万石まんじゅう」の効果であろう。

ちなみにワシ、十万石まんじゅうを食べた事はない。

ほんとにウマイの??


Img_4141


Img_4142


Img_4143


Img_4146


Img_4151


Img_4155


Img_4159


A3f56442a7fe4b0c8d70768b1b7ef818

途中、チャンチャン焼きで使っていた、ニトリ製陶器の鍋が割れるアクシデントが!
もったいないので、中身をそのまま鍋を入れ替えてくれれば良いと言ったのに、わざわざ作りなおしてくれました。


ところでここのご主人、具志堅用行にちょっと似てる。
しかも同い年という事で「太陽にほえろ!」などの話題で結構楽しかった。

行く前は地雷臭満々でしたが、とても良い宿でした。
地雷臭なんて言ってスンマセンでした。

夏はライハもやってるとの事なので、夏も行ってみたいけどセローで下北は途中で力尽きそうw


満腹になり、一服するために外に出ると、もう猫はおらず雪が深々と降っておりました

Img_4160


Img_4163


Img_4165


いやぁ~、こういう民宿好きだなぁ

【今回使用したカメラ】

◇SONY RX100
◇iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2018年2月14日 (水)

行くぜ!冬の東北! ~尻屋崎の寒立馬~

◇2月10日(土) Part1

以前から見に行きたかった冬の尻屋崎の寒立馬。
本州の北の外れ、なかなか気楽に行ける場所ではないですが、今回やっと行く機会を得る事ができました。

今回、ご一緒して頂けるのは、いつもの旅仲間のRさん、Nさん、Tさんです。


大宮から新幹線に乗車。

しかし、3連休の初日、函館行きの新幹線も混んでいたが、対面に止まっていた金沢行きはラッシュ時の埼京線よりも混んでいてビックリしました。


Img_4043

新幹線で八戸までバビューンと向かい、ローカル線に乗り換えて下北駅を目指します。
しかし、新幹線は速いのう。

Img_4266

さて大湊行の列車、たった1両編成で結構混雑しているし、車内は混んでるせいか暑い。

同席のカップルの会話が嫌でも耳に入る。
どうやら、彼女の実家に彼氏が「娘さんを私に下さい」と挨拶に行くようだ。
彼女は積極的に地元の話をする。
例えば「むつ市」は日本で初めてひらがなの市の名前になったそうだ。
「さいたま市」なんて遠く及ばないらしいw

そんな話をしているが、彼氏は完全に上の空って感じ。
たぶん緊張してるんだろうなw

そんなこんなでやっとこさ下北駅に到着。

駅ではレンタカー屋さんが迎えに来てくれていてガソリンスタンド兼事務所へ向かう。
今回は値段に負けてニコニコレンタカーである。
ネットでの噂は散々で、全然ニコニコじゃないらしいので少々心配である。


Img_4045

しかし、噂の様にオンボロ車ではなく、綺麗な車。
しかも4WDで当然スタッドレス付(ブリヂストンのブリザック)これなら安心である。

とりあえず昼飯を食いに近くにあった寿司屋に行く。


Img_4047

値段の割には豪勢で美味かったよ。


Img_4052


Img_4051


Img_4050


そしていよいよ寒立馬を見に行く。
夏は尻屋崎周辺で放牧されているが、冬場は餌がないので「アタカ放牧場」という場所に集められて
放牧されている。


Dsc08733


Dsc08735

Dsc08736


Dsc08738

さっそく牧場に入ると、地雷だらけww
馬がデカイので地雷の大きさもハンパない。

最初は避けていましたが、そのうち避けきれないので、気にしなくなっちゃいましたw

牧場内では大きな馬が雪の無い部分の草を一生懸命食っている。
最初はデカくてビビったが、人間慣れしているのか自分から顔を寄せて来たり、全然気にしないでマイペース
の馬ばかりである。
よく馬の後ろに行くと蹴られると言いますが、そんな事もありません。

やっと憧れの地に来たので写真を撮りまくる。


Img_4445

2時間程度の滞在でしたが、写真を400枚以上撮ってしまいましたw

さすがにまだ整理できていないので、一部だけ公開。


Original_fb3ebf151c18aebbec3296ee92


Original_42d2fe7a2f09a1fb470e95d4ee

Original_00892197dd7858826c3f083c_4


Original_7896b8ee0354314f1a4ec3dda4


Original_6a0ab8ab4f1ec4749a864495fe


Original_b74be097edd0cfad87524f214d


Img_4053

Lrg_dsc08896


Original_619f862c49fab87245a90bb421


Original_2190bfed238c09b9abcd828607


Original_6939e94cb09bd6604a750eb91a


Original_f4e4c39ff3c26b5391f3eb7fb4


Img_4065


Original_b23ca99da727b89be349b051a3

Original_fddf60c6519f8185c674d67be7

Lrg_dsc09114


自分のイメージでは吹雪の中をジッと耐え忍ぶ馬って感じでしたが、今回はだいぶイメージとは違いました。
まぁ、天候ばかりは仕方ないです。

やっぱ動物の写真は楽しいのだ。
ここに1人で来ていたら平気で1日中いたと思う。

また、是非来てみたいけど、おいそれと簡単に行ける場所でないのが残念である。

【今回使用したカメラ】

◇SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
◇SONY RX100
◇iPhone7 Plus

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2018年2月11日 (日)

ひょんな事から動物園へ

日曜日、猫の写真でも撮るべと思い某所へカブで向かう。


Img_6004

とりあえず1匹だけ発見。

Img_5944


Img_5961


Img_5941


Img_5987


しかし、寒いせいかほとんど猫もおらず退散。

そして、ふと思いそこそこ近所の動物園へ行ってみた。
動物園なんぞ何十年ぶりだろうかw

まぁ、動物園と言っても市営で子供が乗馬とかヤギや豚と戯れるような動物園である。

期待もせずに200円を払って入園。

ライオンや象などの定番はいませんが、そこそこ動物がいるでないの。

その中でカワウソが面白いので写真を撮りまくりましたが、余りのすばしっこさで超難しい。


Img_5832


Img_5840


Img_5876


Img_5893

99%は手振れ、被写体ブレで失敗作量産でしたw

その他、カピバラやタヌキなどの写真を撮る。


Img_5555


Img_5569


Img_5596


Img_5763


Img_5770


Img_5797


Img_5794


Img_5754


サルは安定の被写体


Img_5707


Img_5726


Img_5727


Img_5731


Img_5733


動きが少ない動物はそこそこ撮れたものもあるが、結果的には良い写真は撮れませんでした。

う~みゅ、これはまたリベンジしないと!

次回はSONYのα6000を持って撮影しよう。
風景ならEOS5Dが最高だけど、動きのあるものは難しいと改めて感じた1日でした。

しかし、25年以上前のレンズでも素早い動きはキツイけど、のんびりした動物にはそこそこ使えるなぁ

【今回使用したカメラ】

・CanonEOS 5D
・Canon EF100-300mm F4.5-5.6 USM (1990年発売)

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年2月 9日 (金)

川越散歩 ~二日酔い覚まし~

前夜、池袋で呑み過ぎ、明けて土曜日。

二日酔いだが、このまま家で寝ていると休日が終わってしまうので、カメラを持って川越へ向かう。

今回はEOS5Dに50mmの単焦点レンズのみ。

カメラは10年以上前のカメラ、レンズは20年以上前のレンズです。


Img_3692


途中でどうにも気持ち悪くなり、ソルマックタイム。


Img_3689


ソルマック効果で復活してきて川越の街中を写真を撮りながらブラブラ歩く。

しかし、50mmの単焦点は街中で使うには、画角が狭くて使いずらい。


Original_abdfd0f817258cd27f0cbd8ae3

Original_01db6f7ae28c76ce66a8b2da6f


Original_7b2a937e40131b30c9a1b137e7


Original_1cb8cd67d35ec8b8616b879312


Original_74b4821f9409075867057c453f


Original_80f2be4e79edb1b27c8c5ee00e


Original_656146c78f49cf254c6996d717


Original_067421a5afbd493ffd30bf0b58


Original_f306d035b5c216a6b57d436b8b


Original_f1b66af5104fb9b35b2e529b_2


Original_537cae42e26d651773d7ec6e_2


Original_b790080029de549bcf420dbb36


Original_9a60496ed184eadec9c67886_2


Original_59f710ac25ca55352f07ecf7f9


Original_84d0fc2d69fa8fb292eb37d0fd


Original_0291e26a26158b428a32748c03


Original_b3f671e1faaa211af3893e215e

そんな訳でたいした写真も撮れなかったけど、とりあえず10km以上歩いてノルマ達成。

Img_3693_1

しかし、呑み過ぎ、食い過ぎはイカンな…反省。


【今回使用したカメラ】

・Canon EOS5D
・Canon EF50mm F1.4 USM (1993年発売)


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年2月 7日 (水)

おやぢグルメ ~池袋 千里香~

先週の金曜日に中国延辺料理を食いに行きました。

延辺とは中国と朝鮮の国境付近の事を言うらしい。
今回は都内で働いているお仲間6人です。

池袋で待ち合わせて出会いカフェがある雑居ビルの7階へ。

エレベータの扉が開くと、いきなりこの張り紙にビビる。


Img_3673


今回は人数も多いし、人気店らしいのであらかじめ席だけ予約していたので、待たずに着席。

ちなみに店内を見渡すと8割以上は中国、朝鮮の方。
店員もおそらくその辺りの方。
店の雰囲気もあまり日本にない雰囲気。

ここの名物はスパイスたっぷりの羊串。
辛さは何種類かあります。

Img_3675

これをこの店の名物である自動串回転マシーンで焼く。



仕組みを見るとなかなか考えられている。
キャンプ用に1台欲しいかもw


羊串はラムではなくマトンっぽくて独特の味ではあるが、スパイスがメチャ効いていて美味し。

その他、トマトと卵炒め、じゃがいもを使った料理、黒い餃子、普通の餃子、麻婆豆腐など色々頼む。


Img_3682

麻婆豆腐は個人的には一番辛かった。

ところで最初の張り紙にあった犬肉。
さすがにこれは無理。

なんで犬は駄目で牛、豚、鶏は良いのか?と言われると困るけど、ちょっと犬は身近すぎ。
食文化は各国あるので否定はしないけどね。


そんな訳でこれまたなかなか食えない蚕に挑戦!


Img_3680


釣りで使うサナギの巨大化したやつが串に刺さっていて、これまたビビる。
いちおう茹でてあるらしいが、これを自動串回転マシーンで焼く



焼いてスパイスを付けて食ったけど、味は多く語らず…

うぉぉ~~~、蚕ウメェ~、明日も蚕を食いたいぜ~とは思わなかった。
つーか、もう食うことはないだろう。

ちなみに蚕を食ったのは、ワシとT氏だけで、他の奴等は意気地なしでしたw


時間を忘れて4時間みっちり飲んで食ってタノシカッタ!
でも、ヨッパラって半分意識朦朧。

池袋からTJライナーに乗って帰ったのは覚えているが、その後は余り覚えていない。

気が付いたら、なぜかプリンの入った袋を持って地元のラーメン屋。


Img_3687


しかもライスまで付けてるし…
沢庵をラーメンのスープに落としてるし…

ダイエット中(糖質制限中)なのにヤッチマッタなぁ


まさに暴飲暴食の1日でした。


でも楽しかったデス。
ご一緒して頂いた皆様、ありがとうございました!

金券もらったので、また行きましょう!

今度はカラオケもねww


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年2月 5日 (月)

東京散歩 ~谷中から上野~

週初めに降った雪が自宅近辺ではまだ残っています。
これではバイクも出せないし、山方面へ行っても凍結で怖いので今回も運動を兼ねてお散歩。

当初、山梨県の某所に行くつもりでしたが天気予報を見たらマイナス14度とかだったので、さすがにビビってパスしました。

さて、いつもはたいてい1人ですが、今回はFさん、Tさんと一緒に日暮里周辺を歩く。
改めて休日に都内を歩くなんて凄く久しぶりです。

日暮里駅の西口で集合でしたがなぜか日暮里と西口が混同して無意識に西日暮里で下車してしまう。

なんか、予想より寂れた駅だな?と思い確認すると日暮里集合という事に気付き、再度改札に入り山手線に乗り込む。
少し遅刻してしまいましたw

さて日暮里で合流して谷中の商店街を歩く。

結構、有名な商店街で観光客も多い。
でも、想像してたより小さい商店街であっという間。

オシャレな店もあるが、昔からあるような惣菜屋も多い。
でも、なんとなく自分からするとコレジャナイ感があった。

Dsc08610


Dsc08613


Dsc08619


Dsc08625


Dsc08629


Dsc08638


Dsc08640


Dsc08650


Dsc08651


その後は狭い路地を辿り上野方面へ、しかし車の往来が結構激しい。

そして、Tさんの案内で古い建物を利用した「カヤバ珈琲」へ行く。

Dsc08669


Dsc08668


Dsc08662


Dsc08663


Dsc08665

混んでいるかもとの事でしたが、運良く余裕で入れて和室で寛ぐ。

タマゴサンドが名物の様なので、タマゴサンドとコーヒーのセットを頼む。


Img_3603

しばらくして着皿。


Img_3592


Img_3588


Img_3598


Img_3602


当ブログでは珍しいインスタ映えする食い物であるw

タマゴサンドと言えば、私の中ではマヨネーズと和えたタマゴなんですが、どうやらこれはタマゴ焼きが入っているようだ。

少し味が薄く感じたけど、名物というだけあって美味かった。

しばらくマッタりして店を出ると、なんと行列ができていてビックリ。
やっぱ人気店なんですなぁ~


その後、上野公園を通過して合羽橋方面へ

Dsc08673


Dsc08674


Dsc08677


Dsc08678_2


Dsc08685


Dsc08686


Dsc08687


なんとなく谷中の商店街よりもカッパ通り商店街の方がキニナル店も多くて良い感じ。

そして、今回のメインイベントである「どぜう鍋」の店へ

本当は浅草の「駒形どぜう」に行く予定でしたが、かなり値上がりしたとの事で今回は「飯田屋」というお店にしました。

Dsc08689


Dsc08690


Dsc08700


実は私、どぜう(ドジョウ)を食って事ありません。

昼間からのビールで乾杯をして、どぜう鍋をつつく。
ロクデナシ状態であるw


Img_3609


Img_3611


Img_3620


Img_3612


Img_3617


Img_3619


店の人に聞くとここのドジョウは秋田の農家が綺麗な水で育てたドジョウだそうだ。
そんな訳で、泥臭さもないし癖もない。
今回は「まる」と言われるドジョウそのものではなく、骨を取って開きになったドジョウ。

この場合は生で提供さてれるが、丸の場合は下茹でしてあるそうだ。
ちなみに「どぜう汁」は「まる」のまま入ってました。
なんとなく田んぼの泥水にいるドジョウを連想したのはナイショだ。


Img_3616

しかし、この店も人気のようで、昼時を過ぎているのに待ち客多数。
店内では老若男女がどぜうを食べている。

隣には常連らしい方が一人で日本酒を飲んでいた、きっと江戸っ子なんだろうなと思ったw

初めて食ったどぜう鍋。
個人的には美味い!
でも、明日も食いてぇ~!とまではならなかったけど、伝統の味を堪能できてヨカッタ。

でも、結構なお値段でドジョウも高級食材なんだなと思った。
うなぎと並んで、、もう庶民の味ではないんだろうね。

どぜう鍋を堪能して合羽橋でウロウロする。


Dsc08704


Dsc08705

食品のサンプル屋が人気のようだ。

Dsc08707


Dsc08711


Dsc08714

その後は上野方面へ向かい、上野駅で解散となりました。

Dsc08718


Dsc08719


Dsc08722


なんだかんだ言って14km弱歩いて、良い運動になったけど、食い過ぎたかもしれん。

都内に通勤していながら、めったに途中下車しないワシ。
改めて歩いてみると都内も面白いかもしれない。

また、時間を見つけて運動がてらいろいろと行ってみようと思う。

【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 10-18mm F4 OSS
・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2018年2月 1日 (木)

秩父札所34箇所巡り 2巡目 (25番~19番)

2016年の10月に秩父巡礼古道の逆打ちの1回目をBLOGに残しています。


その後BLOG更新をサボっており記録がありません。

調べてにると32番~31番はFacebookに2016年12月25日に歩いた記録がありました。

更に31番~白久駅は、RさんのBLOGによると2017年1月29日の記事になっているので、確かに歩いたようだ。

そんな訳で久しぶりに再開してみました。

ただ、本隊はすでに26番まで完了しているので、今回は秩父鉄道の影森駅~大野原駅
までの25番~19番となります。
30番~26番は、近いうちに歩いておこうと思う。

今回歩くコースはこんな感じで、これの逆打ちです。


東飯能から秩父鉄道への直通列車に乗り9:00に影森に到着。


P1210001


P1210003


長閑な道を歩いていると第一猫様発見!


P1210004


P1210006


P1210008


P1210009


P1210010


しかし、犬派で猫嫌いだったワシ、すっかり猫も好きになってしもうたわw

P1210011


P1210013


P1210014


テクテク歩き、25番の久昌寺観音堂に到着。


P1210016


P1210017


P1210019


P1210025


P1210029


池の水が凍っておりました。

次の24番法泉寺をめざします。

P1210031


P1210032


P1210034


P1210039


P1210040

P1210046

この辺りも長閑な田舎道を歩く感じで順調。
そして、法泉寺に到着。

P1210047


P1210049


P1210051


P1210052


今回のコースは何もない場所を歩くので、ここらで昼飯を食わなければコンビニも
ないので確実に食いっっぱぐれます。

ちょうど、寺の階段を下ったところに小さなお店があったので、ここで食う事にする。

P1210053


P1210054


Img_3481


Img_3477


メニューを見ると思いのほかいろいろとあるが、なんか無理やり組み合わせた
炭水化物&炭水化物のメニューも多数あるw

私は豚丼とうどんの「どんどんセット」にする。

店内にはお土産やら中古CDやらプラモデルやらあって混沌としているw
特に気になったのは、埃を被ったコレ


Img_3482

なんで、こんな所で売ってるんだ??

しばらくして、どんどんセットが来た。


Img_3485


Img_3484


Img_3486


Img_3483


予想より量が多くてビックリ。
こんな場所の食い処なので、期待はしていなかったけど普通に美味かったです。

最後は自家栽培のキーウィフルーツまで出してくれた。

さて、満腹になり出発するが、ここからが辛かった。

アップダウンの多い山道になり、満腹の腹が辛い。
それと、だんだんと脚も辛くなり踏ん張りが効かないし、膝が上がらない。


P1210058


P1210063


P1210065


そして、ミューズパーク近くの23番音楽堂に到着。

P1210069


P1210070


もう、真冬なのに汗だくだしヘロヘロである。

そして、今度は尾根道を歩く。

P1210071


P1210073


P1210076


P1210080


P1210084

この道は前回順打ちをした時も良い道だなぁ~と思ったが、今回も景色も
良くて良い道でした。

そして22番童子堂跡地に到着。

本来であれば、さらに下った道路沿いに移転した22番童子堂があるのですが、
今回はこの跡地で良しとする。
正直、助かりましたw

その後、21番観音寺へ行き

P1210085

更に歩いて20番の岩之上堂へ

P1210089

そして、第2猫様発見!

P1210093

最後に旧秩父橋を渡り19番龍石寺へ行き、今回の寺巡りは終了。


P1210097


P1210100


P1210103


龍石寺の近くの秩父線大野原駅から寄居経由で帰宅しました。
帰りの電車は乗継が絶妙で1時間40分ほどで帰宅できました。


P1210104

Img_3488


いやぁ~、今回はマジで疲れました。
だから山登りは嫌いじゃw

本隊は、次回は秩父市内になるので今回ほどキツイ事はないだろう。

その前に30番~26番を歩かないとね

歩行距離:19km

【今回使用したカメラ】

・OLYMPUS Stylus1
・iPhone7 Plus

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2018年1月30日 (火)

今度はカブで西武安比奈線を辿ってみた

先日、訪れた西武安比奈線。


いよいよ地元にこのような通知が配布されたようです。


Tuuchi

そんな訳で西武安比奈線を再訪して線路伝いに歩いてみようと思ったのですが、仕事かの帰り、
会社から駅まで約1.5kmを早歩きしたら肉離れを起こしてしまいました。
仕方ないので、今回はカブで出撃です。

前回はセローでそれなりに小回りも利きましたが、今回はカブなので更に機動力が増し
積載もより多く積めるの久々にフルサイズデジタル一眼を持っていく事にしました。


Img_3366

南大塚付近は住宅街なので、今回はパスして16号から先を辿る事にします。

前回、だいたい経路が解ったので今回はあまり迷わずに進みます。

写真を撮っても、前回とあまり変わりませんw


Img_5029


Img_5033


Img_5039


Img_5073


Img_5079


Img_5082


Img_5107


Img_5112


Img_5126


Img_5143


Img_5160


Img_5165


Img_5173


Img_5178


Img_5185


Img_5214


終点と思われる安比奈駅付近でマッタりしていたら、なんと富士山が見えるんですね。


Img_5271


Img_5242

予備で持参したStylus1にテレコンを付けて望遠効果で更に近くに撮影してみる。

P1140020


P1140027


P1140035


P1140036


ところで、前回セローで辿った後に調べてみると、この先にも砂利を積み込む為の引き込み線が
あったらしい。

確かにこの先には、今までよりも間隔が広い電柱が見える。


Img_5277


Img_5280


Img_5283


Img_5288


Img_5302


Img_5304


そんな訳で徒歩で辿ってみる。

草をかき分け、それらしき痕跡を探しながら歩く。

なだ先がありそうなので、カブを置いてある場所に戻り、ダートやオフロードコースの中
も探索。


Img_5308


Img_5309


Img_5313


Img_5314


Img_5319


Img_5325


Img_5330


Img_5340

とうとうオフロードコースの中に埋もれてしまったので、これで終了としました。


Img_5352


翌日、Twiterを見るといよいよ架線や電柱を撤去する工事が始まったようだ。
休止線になってから50年、西武鉄道も本腰を入れているようだし、
とうとうなくなる日が近いのかもしれない。

【今回使用したカメラ】

・Canon EOS5D+EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM
・オリンパスStylus1+TCON-17X


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月28日 (日)

川越散歩 ~喜多院周辺~

「みどりや」でやきそばを食べてとりあえず帰路に着きます。

帰路は達磨で有名な喜多院に寄ることにする。

途中で写真を撮りながらテクテクと歩く。

Dsc08525


Dsc08528


Dsc08531


Dsc08533


Dsc08542


Dsc08545


Dsc08554


Dsc08556


Dsc08562


Dsc08578


Dsc08588

途中の魚屋のトロ箱には、魚じゃなくてなぜかカップ麺だったりw


Dsc08564


Dsc08563


今はあまり見かけなくなった金物屋があったり


Dsc08566


Dsc08567


Dsc08568


なかなか面白い。

そして喜多院に到着。

Dsc08595


Dsc08597


Dsc08599


Dsc08602


Dsc08601

まだ初詣客なども多く予想外に人が多い。
せっかく来たので初詣をして、川越駅へ向かう。

西武線の本川越駅から川越駅に向かう商店街は人も多く活気があります。
昨今、商店街が軒並みシャッター通りになってしまっている状態なので珍しい。

思うに川越の観光地と言われている場所は駅からそこそこ離れている。
そして、ほとんどの人がこの商店街を歩く事になるのが、この活気を維持しているもかもしれません。

今回、川越を改めて歩いてみましたが、まだまだ裏路地とかに面白そうな場所がまだまだありそうなので、機会を見つけて再訪してみたいと思いました。

まぁ、再訪と言っても近いんですけどね(笑)


【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月26日 (金)

川越散歩 ~みどりやのやきそば~

まるひろ百貨店の屋上遊園地、戦前から残る花街の弁天横丁を訪れた後、裏通りをテクテク散歩しました。

ちょうど小腹が空いてきた頃、やきそばの看板を見つけました。

どうやら駄菓子屋の奥に食べる場所がある駄菓子屋兼やきそば屋のようです。

Dsc08506_2


屋号は「みどりや」

なかなか入るのに勇気が要りましたが、思い切って入店。
中ではおじいちゃんとおばあちゃんがストーブに当たっておりました。

やきそばができるか聞いた所、大丈夫との事なので席につく。
おばあちゃんが寒いでしょとしきりにストーブの前を勧めてくれる。

店内にはいろいろな色紙があり、結構取材が多いようだ。


Dsc08509


Dsc08511


Dsc08512


Dsc08513


Dsc08514

とりあえず、やききそばの大を頼む。

おじいちゃんとおばあちゃん2人で厨房らしき場所に入りやききそばを作る。
仲良しの老夫婦だ。

ほどなくして、やききそばがきた。

Img_3316


Img_3320


そもそも駄菓子屋の子供向けのおやつ代わりのやききそばなので、こんなものであろう。

特徴としては麺がかなり太い。そしてソースの味も濃い。

おばあちゃんと話をしながら食べる。
まぁ、見ての通り「大」でも量がそうでもないので、あっという間に平らげる。

おじいちゃん、おばあちゃんに「ご馳走様!」と言い、「気をつけて!」と見送られ店外へ出る。

Dsc08517


Dsc08520


写真を撮っていたら家族連れらしき5人位が店の中に吸い込まれた。
果たしてあの老夫婦であの人数分を作れるのであろうかと要らぬ心配をしてしまった(笑)

昔はこういう駄菓子屋は結構ありましたが、最近はもう見なくなりました。

おそらく老夫婦もかなりの高齢で大変そうだったので、あのやきそば屋がなくなってしまうのも近いかもしれない。

でも、身体が動く限り続けて欲しいなと思った。

【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 10-18mm F4 OSS
・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

«川越散歩 ~弁天横丁~